本に見立てた箱 その2

カルトナージュの技法のひとつに「ブック型」と呼ばれる仕立て方があります。
本体と底~蓋までのカバー部分をそれぞれ仕立ててから合体させる方法で、シンプルに見えて、
カルトナージュの基本がぎゅっと詰まった箱の作り方です。
この作り方で制作した本型の箱はコチラ → 

今回紹介する「本に見立てた箱」はその作り方を応用しながら、貼り重ねているのですが、
その見た目とは裏腹に、実は頭を使いながら貼っています。本らしく見えるように背の生地を
切り替えております。似ているように見えるかもしれませんが、前の箱とはぜんぜん違うもの。
a0289876_14283738.jpg


大きさは、はがきが入るサイズで、マグネットでパチンと留まるつくり。いつもは「はがき箱」と呼んでおります。
そして、このトリがこのうえなく、愛らしい…。
a0289876_1433590.jpg

毎度のことで、作っているうちにどんどん楽しくなります。横にしても、本のように立てて
置いても使えます。
a0289876_14273080.jpg

[PR]
by boxstudio85 | 2014-08-14 15:02 | カルトナージュ | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31