蛇腹の袱紗と通帳ケース

蛇腹を使った袱紗と通帳ケースを制作しました。

ぱっと見はあまりわかりませんが、サイズ・厚みを変えています。
一番上の金のエッフェル塔が入った生地は通帳ケース。何冊か入るように、少し厚めの蛇腹にしてみました。
通帳の磁気に影響しないよう、留め口にはマグネットを使わず、縁ホックを使用。また、デザインのポイントと
なるように水玉生地で切り替えたので、締まった印象になりました。

下の二つ、Art galleryの孔雀の羽柄と、リバティファブリックのStrawberry Thief は厚さ薄めの袱紗。
冠婚用を考えて、洗練された印象の生地を使用してみました。

カルトナージュで制作される袱紗は、留め金具を使わないタイプが多いように思いますが、しばらくすると
出てくる紙の反りが個人的にとても気になっていました。そこで、反りが目立たないように、今回は通帳ケースと
同じく縁ホックを使用してパチンと留めるタイプに設計。クラッチバックのようにも見えるので、このままでも
お出かけできそうです。

a0289876_1349261.jpg
a0289876_13491838.jpg

                     通帳ケースの厚みはこんな感じに
[PR]
by boxstudio85 | 2014-01-21 14:22 | カルトナージュ | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31